年子育児

年子育児が楽になった理由は睡眠改善!ネントレ体験談

2023年1月18日

※当ページのリンクには広告が含まれています

「ワンオペで2人を寝かしつけって壮絶・・」
「両方同時に泣いたらママも泣けてきた」

全国のママさん、育児本当にお疲れさまです!✨

私も現在二児の母ですが、特に夕方〜夜は壮絶。
常に同時進行&走ってます。笑

特に寝かしつけって、苦労しますよね。
子供は上が1歳9ヶ月、下が6ヶ月なのですが、ここまで色々ありました。

ですが、私は寝かしつけはまだ楽をさせてもらってる方だと自負しています👍
0歳代のほとんどは2人ともセルフねんねだからです!

今回は、0、1歳の年子のねんね改善に成功した我が家の話をご紹介します✨

環境を整える

私は自己流ですが、上の子が産まれてすぐから、ねんねについてお勉強しています(現在進行形)。
子供が成長するにつれ悩みの種も変わるのですが、変わらないと思うものが3つあります。

よく本やYouTubeなどを見て勉強するのですが、共通しているのは「環境を整える」こと。

我が家では以下のような環境作りを行いました💡
情報を集める中で勉強になった点は箇条書きにしています。

寝床

ネントレを続けるには、赤ちゃんが安全に寝られる寝床を作ることが大切なんだそう。
絶対安全な寝床を作れば、親も安心してトレーニングできました。

  • 赤ちゃん専用の寝室を確保
  • 1人でも安全に寝られる環境を作る

\我が家の0歳児寝床はこんな感じで作りました/

温度

  • 暑すぎても寒すぎてもダメ。真冬はエアコンで室温20~22度に保つ
  • 乾燥する時期は加湿器を使う
  • パジャマも着せすぎ注意

\0歳児におすすめのスリーパー「スワドルアップ」/

  • 赤ちゃんは適度な音(ホワイトノイズ)がある方が寝られる。

我が家ではそこまで音については対策していませんでした。
たまたま寝室に置いていた空気清浄機がいい音出してたようです。笑

\NASAで採用されたPCO(光触媒)テクノロジーを一般向けに応用した空気清浄機ブランド/

光対策は特に頑張りました!

  • 生後3ヶ月までは昼夜の区別がつかないので日中は明るい場所で寝かせる
  • 生後3ヶ月以降は日中のねんねも寝室で
  • 寝室は無駄な光はなるべく無し

\とにかく奮闘した第一子の0歳時代、ネントレ体験談/

\カーテン買い替えなくても安く遮光できる方法まとめました/

環境以外にも大切なこと

環境を整えてセルフねんが安定した0歳代でしたが、上の子が1歳の時にまた壁にぶつかりました。

我が家は上の子1歳の年にイベントが多かったです。

保育園入園、体調不良、兄弟の誕生、などのイベントごとに娘のねんねが崩れました。

そこで気づけた、環境以外の大切なポイントもご紹介します。

1体1の時間を過ごす

0歳にとってもとても大切だと思いますが、特に1歳の娘を育てていて大切だと感じました。

年齢が上がって、色々わかるようになってくるからこそ、ねんね以外の時間も大切に過ごす。

環境を整えたのに、夜泣きが続く。

カメリア

セルフねんねが順調だっただけに、辛かった。。

ある日、寝る時間を気にしないで娘と遊ぼう、と思いつきました。

寝る前にたくさん遊んだり、絵本を一緒に読んだりしたんです。


すると、その夜はなぜかスッと寝てくれたんです。

子供の安心感・心の安定がねんねに大きく関係しているんだなと体感しました。

まだまだママに甘えたいお年頃だもん!

規則正しい生活をする

毎日同じように1日を過ごすことは、親の心の安定にもつながると感じています。
「子供のスケジュールが決まっていれば、自分の行動計画も立てやすい」からです💡

子供が0歳、月齢が低い頃は1日中寝て起きての繰り返しですよね?
だから「いつ起きていつ寝てもいっか」という気持ちもあったんです。

でも、これだと自分のやりたいことがいつまでもできなかった!

スケジュール通りに過ごせば、色んなことが予測できて行動しやすくなります。

  • 子供が眠たくなる時間
  • ぐずりやすい時間
  • ご飯を準備する時間 など

結果、自分の家事や仕事タスクをこなしやすくなりました💡
(気持ちの準備もできるので、楽になりましたよ✨)

子供は機嫌よく起きていられる「活動時間」があるらしく、例えば

〜生後1ヶ月 約40分
6~8ヶ月 約2時間~2時間30分程度
10ヶ月~1歳2ヶ月 約3時間30分~4時間
1歳半~3歳 約6時間

という具合に、月齢とともに徐々に長くなっていくようです。

この時間と規則正しい生活を意識して、子供の要求が判断しやすくなりました!✨

ママのための時間を作るために

我が家の子供2人のねんねについてご紹介しました。

常に悩みは尽きませんが、今後も改善しながらみなさんにシェアできればと思います。

この記事で寝不足、時間不足のママさんのお手伝いができますように〜✨🥹

おすすめグッズ

子連れ宿泊先を検索

  • この記事を書いた人

カメリア

姉弟年子育児中の30代主婦。 「忙しい年子育児でも幸せ時間は増やせる!」ことをテーマに、年子育児のあれこれを発信。 1歳3ヶ月差の姉弟年子のママ|時短効率重視|自分時間の作り方を常に考え中

-年子育児
-